MyMiniCity踏んでください!!

ただいま絶賛MyMiniCity参加中です.是非リンクを踏んでください!!(笑
March 16th, 2004

カチン

(Read: 20588)
Add to Hatena Bookmark

参照: FM TOWNS(その3)
冷静に考えるといまさらどっちでもいいんだけど
初のとか堂々と言われるとカチンと来る
> オーディオビジュアルの技術はFM 77AVで培った技術があったおかげで、独自にいろいろな機能を充実させた。
> 3万2千色のフルカラー,高解像度で画面の重ね合わせやスクロール機能など特色のあるものとなった。
> また、グラフィックを高速で移動させるスプライト機能がゲームソフトでは必須だと要望されて、パソコンとして初めて搭載した。

スプライトはX68000の方が初.まーPersonal Workstationだしとか言われるかもしれないし(苦笑
でもPC-88VAにもあったし一番古くはMSXにもあったしSC-3000にもあった.

■X68000は1987年2月発売3月出荷
http://www.eonet.ne.jp/~building-pc/pc/pc1987.htm
■PC-88VA
http://www.eonet.ne.jp/~building-pc/pc/pc1987.htm
■FM-Townsは1989年2月発売3月出荷
http://www.eonet.ne.jp/~building-pc/pc/pc1989.htm

ということになってる(SC-3000とかMSXも多分ココ載ってるでしょ)

32000色フルカラーも高解像度重ね合わせもX68000にはあった.
得手不得手はお互いあったとしても.

http://azv.cocolog-nifty.com/azvlog/2004/03/32bit.html

とかもあるけどこれは一概にそうも言えない
オーディオ関係はX68000やその他で載っていたいわゆる「OPM」系の方が市場には
最後まで残ったように思います.
#どの市場かにもよるけど.OPN系の方がより組み込み系に好まれるI/Oとか載ってたし
出音の好みとかはまぁそれも宗教論で.
プラットフォームとして長かったというのも
・2年後にファーストリリース(やはりファーストリリースは重要)XVIが出た頃には68020ベースのX68000の試作はあったらしいし(政治的理由)
・母体が富士通なので企業にもぐりこませやすかった(FMVが一時期世界一売れているとCMをしていたが企業向にごり押しで売ったためとの話もあり)このあたりSHARPにはチャネルないしね.

まぁなんていうか
どちらにしろ既に酒の肴なネタだな.
あーなつかし(爽

トピックの参照元

▼最近のトピック

▼ 人気のトピック


< 過去の記事 [ 3月の All Categories リスト ] 新しい記事 >
Powered by gsblog (customize)

[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

Subscribe blog

Bookmark blog

About me

about me

応援しています

我が息子が産まれたアクア・バースハウス(東京都世田谷区にある助産院)を応援しています.

翻訳のお仕事

腕に自信がある方,修行をしたい方はこちらをどうぞ.

2004 calendar

3月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
| Day | Month | Year |

Powered by RRDTOOL.

Archives

Categories

Links


Mail to admin

人気ブログランキングへ RSS feed meter for http://blog.poyo.jp/ Search Engine Optimization
blogpeople.netに登録!! スカウター : よくきたblog

My Google news

My Google News

Related site

ころんころん♪ べびぽよ フォト蔵Wiki
string(40) "/categ-1/year-2004/month-3/id-1079434012"